10月23日近畿グラグラみんなバイバイ …10月の地震予知情報とコルマンインデックスの終了 - It's a New World

スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月23日近畿グラグラみんなバイバイ …10月の地震予知情報とコルマンインデックスの終了

気がついたら10月23日になってしまったが、この日を中心に10月には地震注意情報が盛んに出ている。

ここ最近は、みゆ吉さんなど体感系の人達もかなり大きめの予兆を感じ取っていたようだが、
 → そらみみアンテナ

その他にも、地震雲や大気イオン濃度などの宏観情報、そして“予言”なども多く出されているようだ。

まずは宏観情報から。


9月13日から10月12日(30日間)までの福井県大野市「平成の湯」地下水中ラドン濃度の推移です。
急激に50~60ベクレルに上がったり下がったり、鋸の歯のようです。

3.11の直前にも、このような現象が見られました。
「急にラドン濃度が減少する」…。

NPO法人・大気イオン地震予測研究会から10月8日にメールが入っていました。

平成23年10月8日14時00分配信:e-PISCO市民メンバー向け配信

さて、ウェブサイトでもお知らせしておりますように、最近、全国各地で大気イオン濃度が異常値を示しております。大きな規模の地震が発生する可能性もありますので、身近な自然や動物、機器などに異常が見られましたら宏観異常報告フォームよりご報告ください。

こういった警告です。
出先で携帯電話にメールが入っていたのですが、以来、気になっています。
この頃から継続的な微震動を体感していましたが、4日前から、それがピタッと止まりました。

地震にご注意ください | カレイドスコープ



太陽の黒鉛活動も活発で、10/21の時点で11日連続黒点数が100を超えており、M級のフレアも発生し始めている。

黒点情報 -- 宇宙天気情報センター(NICT)

次に、予言。

【地震の警告】

ある程度信頼できる複数のソースが、10月の地震発生を警告している。10月23日前後に、東日本沿岸部で、かなり大きな地震があるのではないかという。

何もないに越したことはないが、一応念のため用心だけはしておいたほうがよさそうだ。エドガー・ケイシーの霊と交信して予言を行うダグラス・ジェームス・コトレル博士も10月を警告している。

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ



コテ造系の話もあるようだ。

10月23日近畿グラグラみんなバイバイ
タイトルにある話を知っていますか?

この発言をした少年は夕陽ヶ丘高校の生徒だそうで私の友達が知り合いだと言っていました。

彼は障害を持った人で普段は話さないのですが、ある日「3月11日東北ゆらゆらちょっとバイバイ」と呟いたそうです。そして本当に11日に東北大震災がありました。

皆さんは信じますか?(;_;)近日中に近畿にも大きな地震が来る確率が高いのは専門家も口語していることですが、具体的な数字がでると少し不安ですよね。

その友達は決してバカな嘘をつく子ではないし、ましてや地震が来るなんて縁起の悪い嘘をついて狼少年のようになろうなんて今の日本人なら到底思わないでしょう。

どなたか地震に詳しい方がいらっしゃいましたら、審議の程を議論しませんか?

ちなみにい私は21日から家族(ペットも連れて)広島旅行を計画しています。そのために災害対策のグッズを買ったりもしているのですが、まあもし23日に来なくとも、いつかは訪れる地震ですので、皆様にも早めの対策をお勧めいたします。

10月23日近畿グラグラみんなバイバイ
大阪・・10月・・・・グラグラ・・・皆バイバイ!! そんな事を言うた人がいます!!...



この話について、あなたの直感はどう働くか?
参考までに、3月11日の前にも「こんな話があった」ことを紹介しておく。

200年に一度の大地震が東京を襲う?Twitterで騒動に…

こちらは10月に限ったことではないが、地震予知の専門家からの警告もある。

首都圏には近い将来、大地震が3回-。こう警告する地震予知の研究者がいる。首都直下、房総沖、東海地震の3つのことで、なかでも危険が高まっているのが房総沖を震源とするマグニチュード(M)8規模。東日本大震災の影響で発生する確率が急上昇したというのだ。事前に身構えて少しでも被害を少なくするため、前兆をつかむ方法はあるのだろうか。

専門家が警告!首都圏おそう「房総沖M8」巨大地震の恐怖



日月神示関連ではこのような話もある。

大本から、この「9月8日」は、「特別な日」とされています。
元々、この「9月8日」は、「明治維新」の狭義の意義とされる「明治改元」が、1868年10月23日(旧9月8日)となっていることにその淵源があるとされています。

つまり、「新たなる切り替わり」の意義が、この「9月8日」(旧9月8日)には、神的に込められている訳です。

岡田光興の毎日が日月神示: 9月8日の仕組み・「9の仕組み」



さて、10月中に何か起きるのか、少し“冷めた”目で見守りたい。

ちなみに…
10月28日はコルマンインデックスの終了の日でもある。
コルマン博士の終末予言2011年10月28日

そして、このブログにとっては特別な日でもある。

「1028(toniha)」を超えて、New Worldが始まるだろう。

ひふみよいむなや こともちろらね
しきるゆゐつわぬ そをたはくめか
うおゑにさりへて のますあせえほれけ


関連記事
コメント
非公開コメント

数万年に1度の地殻変動進行中?

 日本を作り上げている、プレートの圧力(ストレス)がかなり高まっていると思われます。
これは、HiNet(過去30日間)のデータを見るととても顕著にわかります。

 一番目だつのは、富山、岐阜、愛知・小笠原付近を直線的に深発が並んでいます。それとは並行して東側にも中深発が並んでいます。

 また、九州南部~四国沖~東海沖にも中深発が並んでいます。

 これらは、震災後には目立つようではなかったのですが、ここ1~2ヶ月で増えてきました。東北沖の発震は相変わらず多いですが・・・(^^;)


 推測するに各プレート間での力の均衡が崩れ始めていると思われます。震源地をそのプレート境界に沿っているのも注目です。
 一番の注目は、やはり中部~小笠原間に直線的に伸びる深発ですね。大きく分けてユーラシアプレートと太平洋プレート、フィリピン海プレート。この3つのプレートの境でかなりのストレスが蓄積し開放へと向かっていると推測してます。

 まあ私見ですのでなんとも説得力はないかもしれませんが、沢山の体感者が強い体感をしているにもかかわらず対応する大きめの地震が起きてないのが気がかりです。

 紀伊水道南部での発震が急激に増えてきてます、ちょっとこのあたり要注意です。

 地球46億年の時間スケールで見たら数万年に一度の地殻変動が起きても不思議ではないですよね。1000年に一度の大地震と大津波なんてたかがしれているのかもしれません・・・。


長文失礼しました・・・。

2011-10-26 10:38 | from てばまる | Edit

巨大な光の反対のものがすべてを絶滅する

ノストラダムス 諸世紀 
9章44番
 逃げよ逃げよ、すべてのジュネーブから逃げ出せ
 黄金のサチュルヌは鉄に変わるだろう。
 巨大な光の反対のものがすべてを絶滅する
 その前に大いなる空(天)は前兆を示すだろうが

10月24日
アメリカ、アーカンソー州、テネシー州、アラバマ州、ミシシッピ州、ノースカロライナ州で見られた、ノルウェーのオーロラ専門家でさえ「今まで見た中で最も美しく強力なオーロラだ」と舌を巻く、赤いオーロラの出現。

10月27日
スイス・ジュネーブ郊外にフランスとの国境をまたいで設置されている「大型ハドロン衝突型加速器」での、超光速素粒子ニュートリノ検証実験開始。

ホーキング博士の唱えている、「ホーキング放射」仮説に誤りがあった場合、極小ブラックホールが発生しても、即座に蒸発はせず。

「巨大な光の反対のものがすべてを絶滅する」

10月28日
コルマンインデックスの終了の日の予言通りになってしまう。

2011-10-26 13:12 | from ヒラガナ | Edit

Re: 数万年に1度の地殻変動進行中?

>  地球46億年の時間スケールで見たら数万年に一度の地殻変動が起きても不思議ではないですよね。1000年に一度の大地震と大津波なんてたかがしれているのかもしれません・・・。

同感です。
そして、地球にとってみれば、1年や2年の“誤差”などないに等しいのでしょう。

たかだか数十年の寿命しかない人間が、地球の生命活動を数カ月単位で予測しようとすることは、もしかしたら無謀な試みなのかもしれません。

2011-11-03 00:08 | from TheWorld1028

トラックバック

http://toniha.blog59.fc2.com/tb.php/89-f573fb2d

FX取引の注意
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。