東大の地震学者であるロバート・ゲラー教授が、地震予知の歪んだ実体を実名入りで告発! - It's a New World

スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大の地震学者であるロバート・ゲラー教授が、地震予知の歪んだ実体を実名入りで告発!

なぜ、地震学者たちは“予知”できないのか、あるいは、しないのか―

以前、こちらの記事で少し書いたが、東京大理学部のロバート・ゲラー教授(59、地震学)が新著『日本人は知らない「地震予知」の正体』(双葉社)で、歪んだ実態を当事者の実名入りで明らかにした。

その“元凶”は30年以上も昔に制定されたある法律まで遡るというが、この告発を見ると、国や自治体、政治家、官僚たちの“利権体質”“我ヨシ主義”が、今に限ったことではないことが良く分かる。

これまで科学誌になどに論文を発表してきたゲラー氏が、専門知識がなくとも理解しやすい本の出版に踏み切った。「地震は周期的に起きる。前兆があるというマインド・コントロールから多くの人が脱してほしい」との強い思いが、教授のペンを走らせた。

ゲラー氏によると、かつての地震予知は少額の予算しか確保できない「研究計画」にすぎなかった。ところが69年、政治力によって「実施計画」へと格上げされ、高額予算の配布が可能に。年70億円が支出されるナショナルプロジェクトとなった。

1776年、東海地震の危険性が指摘されると、予知態勢整備への動きが加速。78年に「大規模地震対策特別措置法(大震法)」が制定され、地震予知が法的に裏付けられた。さらに東海地震の想定域などを「地震防災対策強化地域」とした、特定の地域に偏った防災対策も始まった。

「地震が起きるプロセスは『複雑系』で、いつどのように発生するか予測するのは不可能。例えば鉛筆を両手で曲げると、そのうち折れるが、いつ、どのような折れ方をするか分からない。鉛筆ですら予測できないのに、地球の中のことがどうして簡単に分かるのか。また、大きな地震は日本全国どこでも起こりうる。東海、東南海といった特定地域偏重の防災対策も是正すべき

そのためゲラー氏は、予知や特定地域の防災対策に偏る法的な根拠となる大震法について「すぐに撤廃すべき」と訴えている。

著書では、誰が地震予知を国家プロジェクトにするおぜん立てをしたのか、学界や政界がいかに大震法を“利用”してきたか、実名であぶり出した。

さらに「『東海地震』という言葉は予算獲得のための方便として万能の力を発揮してきた」と指摘。例として、防災名目で東海地域に1兆円以上の公共事業が重点配分されてきたことをあげている。

ゲラー氏は「できもしない地震予知に投じる予算があるなら、護岸工事、耐震補強、防災教育など国民の生命、財産を守ることに回すべき」とも。渾身の訴えを新政権は受けとめられるか。(久保木善浩)
※ZAKZAKより引用



地震予知の最先端にいる学者が「地震は周期的に起きる。前兆があるというマインド・コントロールから多くの人が脱してほしい」とまで言い切ったことについては、納得いかない部分はある。

しかし、「地震予知」までが原発同様に利権と化していたとは、かなりショックな内容だ。
日本人はもはや“金儲け”にしか興味がないのか…

このような人たちは、自分だけが利権にあやかり、表面的に“贅沢”で“豊か”な生活ができれば、他人の生命や尊厳、自然環境のことなどどうでもいいのだろう。

私たちの未来は、今のような“価値観”の延長線上にあるべきではないのではないか?
有史以来続いてきた“人類の常識”を改め、もっと精神的に“進化”した存在を目指すほうが面白くはないか?

地球による“強制措置”の後は、皆で“幼稚園”を卒業し、新しい小学校生活を楽しみたいものだ。


※日本の「地震研究」の内部事情に精通したロバート・ゲラー氏による実名告発の意味は重い。


関連記事
コメント
非公開コメント

一理はあるかな?

確かに東南海地震だけに多額の費用をつけているのはおかしな話ですよね。今回の震災クラスの地震は全国で起こりえるものです。東南海地震に集中しすぎて他の大震災はまったく予知できず多大なる犠牲を出してる。

今回の震災で判ったことはあれだけの大きな震災でも前兆を捉えれなかった、いや、直前までの事象を前兆と判断出来なかったことでしょう。
結局、予知なんて発表出来なければ無意味なのかもしれません・・・

彼の言うとおり耐震補強に金を掛ける方が人の命を直接救うことに繋がるでしょうね。

ただ、前兆現象は沢山あることは判ってますからそのあたりの研究は今後も必要かもしれません。

2011-09-06 15:43 | from 東京脱出希望人 | Edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2011-09-27 17:02 | from -

このところの巨大地震報道

ロバート・ゲラー先生の著作を読みました。原発体制と言うか日本政府、議員(地方自治体議員も含む)、官僚、経団連(大手企業を含む)、旧帝大学者中心、官公労、自治労、連合大手労働組合団体と現在の既得権益を守ろうとする組織との底辺の階層との矛盾が地震予知の体制にも存在することが分かりました。
 労働組合がいつの間にか体制側になり、民主党の支持母体になっています。恐ろしいことに日教組が右翼になったことです。東大闘争はなんだったのか。8090

2012-04-22 15:55 | from 山際 悠紀 | Edit

トラックバック

http://toniha.blog59.fc2.com/tb.php/78-0020a887

FX取引の注意
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。