【検証】日本赤十字社の義援金合計額がたった一日で300億減る の真偽 - It's a New World

スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【検証】日本赤十字社の義援金合計額がたった一日で300億減る の真偽

日本赤十字社は信用されている。
なぜなら日本ユニセフとは違い、集めた義援金から手数料はとらず、全額被災者支援のためにのみ使うとされているから。
ちなみに職員の人件費等、組織の維持費は、簡単に言うと日本赤十字の主旨に賛同するものが「社員」として寄付している中から支出されている。
つまり、義援金とは別の募集を行なっているということである。

そんな中、日本赤十字社が公表している義援金の合計金額が、1日で300億円減る、という事態があった。
これは本当なのか、検証してみた。

ネタ元
日本赤十字社への義援金がたった1日で300億減る

これを見れば、確かに300億減っている。

だがこの記事のコメントに以下のようなものがあった。

===
4月2日の時点で980億円
4月4日の時点で1000億ちょい
4月5日に1400億近くいくはずねえだろ
===

確かに過去の義援金の推移が分かれば真偽は推測できるわけだ。
ということで、公式な履歴がないか探してみた。

が、見つからなかった。

つまり検証しようがなかったわけだ。
これではこのコメントを信じる根拠もない。

日本赤十字社は、既に謝罪コメントを出している。
だが「間違えました」だけでは不信感は拭えない。
ぜひ、日付単位の集計額を参照できるようにしてほしい。

政府を始め、あらゆるものを信じることが難しい今、日本赤十字社くらい信じたい。

関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://toniha.blog59.fc2.com/tb.php/5-1db6b036

FX取引の注意
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。