山本太郎が原発反対発言で、ついに干された? - It's a New World

スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本太郎が原発反対発言で、ついに干された?

東日本大震災後に原発事故が起きてから、何かと原発について発言してきた山本太郎。
反原発デモへの参加、福島の子供たちの疎開プロジェクト「オペレーションコドモタチ」の推進、福島の親たちと共に【児童の放射線量年間20ミリシーベルトの撤回】を訴えて文部科学省に抗議したりと、実際に行動も起こしてきた。

そんな山本太郎が、ドラマを降板させられたという。
本人も「原発反対」を唱えると芸能界では干される、と言っていたが、ついにその時が来たようだ。

山本太郎が被災地福島に送ったメッセージ


関連記事
コメント
非公開コメント

No title

太郎、きみはすばらしい。
きみのたたかいの姿が、
どれ程多くの者を勇気付けたかわからない。
腐り切った体制を叩き潰す以外に希望はない、
太郎に続こう!
自分が、いま、ここで、出来る範囲でいい、
たたかいの、一歩を踏み出そう。
http://esashib.web.infoseek.co.jp/genpatumura02.htm

2003・12月、
戦後初めて、イラクへの侵略強盗殺人に出動する軍部に対して
断固として拒否の行動に立ち上がった多くの若者達がいた。
反対のデモに立ち上がった彼らが希望の良心を歴史に刻んだ。

http://esashib.web.infoseek.co.jp/kenpo05.htm
イラクの各地で無念の内に殺されて行った多くの家族の怒りに
日本の各地で若者達や労働者が連帯したのだ。

原発体制は日本腐敗の原点である。
国土も社会も、命の希望さえずたずたにした腐り切った根源を叩き潰す以外に
未来はない。
困難は自明のことだ、勇気を持って引き受けようではないか、
負けるわけにはいかない、
太郎の、怒りの行動に続こう。

2011-07-13 01:38 | from ed

トラックバック

http://toniha.blog59.fc2.com/tb.php/41-0b9d4f0f

FX取引の注意
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。