水の放射性物質除去、市販浄水器も効果あり。活性炭が効果的 - It's a New World

スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水の放射性物質除去、市販浄水器も効果あり。活性炭が効果的

日本放射線安全管理学会が市販の浄水器で放射性物質が除去できるか研究した結果、十分効果がある可能性があると報告した。

(以下引用)
(5/12)水の放射性物質除去、市販浄水器も効果 放射線安全学会が報告
 日本放射線安全管理学会は水に含まれる放射性物質を市販の浄水器で除去する研究の中間報告をまとめた。汚染された雨水で実験した結果、ポット型浄水器の1回の処理で放射性ヨウ素の70~98%、放射性セシウムの84~93%を除去できた。汚染水道水でも除去できる可能性があるという。

 研究は東京電力福島第1原子力発電所の事故を受けて急きょ取り組んだ。高エネルギー加速器研究機構、徳島大学などの研究者が参加した。

 実験には、放射線量が上がった時期に福島県などで入手した雨水や、これを通常の水道水で薄めて汚染水道水を模擬した水を使用。市販のポット型浄水器5機種で効果を調べた。いずれもろ過材に活性炭を含むタイプで、今回の汚染水では活性炭が有効とみられる。

[2011/5/12付 日経産業新聞]
(いきいき健康)


これを原発で発生している汚染水の処理に使えないだろうか。
今の試算では、十兆円を超えるお金がかかるという。

福島原発「汚染水処理1リットル10~数十万円」1万トンで1兆円!

活性炭ならば、そこまでお金もかからないのでは?

または、以前話題になった日本ポリグル社も「PGα21Ca」を利用した浄水プラントを企画しており、工事費は50億円以下とのこと。

原子力 汚染水 対策

これ以上、海を汚染するのはやめるべきだし、削れる予算は削るべきだ。


ポリグル社の「PGα21Ca」には、東電のいろんな部署から代わる代わる問い合わせがあるのに進展がないという。

東電はとにかく行動し決断すべきだ。




関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://toniha.blog59.fc2.com/tb.php/39-99ca1f0f

FX取引の注意
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。