「をのこ草子」が予言する日本の未来 - It's a New World

スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「をのこ草子」が予言する日本の未来

『をのこ草子』というのをご存知だろうか?
江戸幕府八代将軍・徳川吉宗の頃に記されたとされる江戸時代の予言書であり、享保の頃から250年後、つまり1980年頃からの日本の様子を予言している。

ただし、作者が不明で謎が多い書物でもあり、「偽書」という意見も多い。
しかしながらこの『をのこ草子』に書かれている内容は、あまりにもピッタリと現在の日本の様子を言い当てているということで、少しずつ話題になりつつあるようだ。

個人的には、日月(ひふみ)神示の内容と極めて近いという印象だ。

 今より五代二五〇年を経て、世の様変わり果てなむ。切支丹の法いよいよ盛んになって、空を飛ぶ人も現れなむ。地を潜る人も出て来べし。風雨を駈り、雷電を役する者もあらん。死したるを起こす術もなりなん。さるままに、人の心漸く悪くなり行きて、恐ろしき世の相を見つべし。
 妻は夫に従わず、男は髪長く色青白く、痩細りて、戦の場などに出て立つこと難きに至らん。女は髪短く色赤黒く、袂なき衣も着、淫りに狂ひて、父母をも夫をも其の子をも顧ぬ者多からん。万づ南蛮の風をまねびて、忠孝節義は固(もと)より仁も義も軽んぜられぬべし。
 斯くていよいよ衰え行きぬる其の果に、地、水、火、風の大なる災い起りて、世の人、十が五は亡び異国の軍さえ攻め来りなむ。
 此の時、神の如き大君、世に出で給い、人民悔い改めてこれに従い、世の中、再び正しきに帰らなん。其の間、世の人狂い苦しむこと百年に及ぶべし云々。

それでは、この口語訳をご紹介する。

---
 「今から、五代後の250年経つと、世の中も様変わりしているだろう。キリスト教が盛んとなって、空を飛ぶ人も現れ、地中を移動する人もいる。気象を自由に操り、死んだ人間を蘇生することも可能である」

 キリスト教とは、西洋の物質文明を指すものと思われる。 空を飛ぶ人というのは、飛行機やロケットのこと。地中を移動する人というのは、地下鉄のことであろう。気象を自由に操るのは、天候の操作も可能な気象兵器のHAARPのことかもしれない。死んだ人間の蘇生とは、臓器移植やクローン技術のことであろうか。

 「このころは人の心も悪くなっており、世の中の世相も荒れている状態である。妻は夫のいうことを聞かず、男は髪の毛を伸ばし、青白くやせ細り、戦場でも役に立たなくなる。女はショートカットになり、赤黒く日焼けし露出の大きい衣類を着て、性的に乱れ、両親や夫、自分の子供さえも顧みなくなる。何かと欧米の流儀を真似て、忠義や孝行、節度などが無くなり、仁や義という概念も失われている」

 これは西洋の物質文明と欧米化が進み、風俗が乱れて人々は礼節を重んじなくなり、日本人の心が失われていく様子が描かれている。そして肉食系女子や草食系男子の登場も予言している。
 これは、終戦後のGHQによるアメリカの占領政策「3S政策」(映画テレビ等の「スクリーン」「スポーツ」「セックス」=3S漬けにして、日本人の思考能力を鈍らせて日本弱体化を計る政策)が推し勧められた結果の表れなのかもしれない。

 「こうしていよいよ世の中が衰えてくると。地、水、火、風の大きな災害が起こり、日本人の10割のうち5割は死んでしまい、異国から軍隊が攻めてくる。この時、神のごときリーダーが現れ、世の中を救い、人々も悔い改め、世の中は再び正しき方向に戻っていく。その間、人々は狂わんばかり苦しみを受けるが、安定した世になるまで期間は、百年もかかるだろう」

 そしていよいよ、日本人の心が乱れて世の中が荒み切った頃、今度は未曾有の大厄災が日本を襲うのである。地は大地震、水は大津波、火は火山の噴火あるいは原子力発電所の事故、もしくは太陽フレアのことかもしれない。風は竜巻やハリケーン等のことであろう。もしかすると現在が、予言のこの部分にちょうどあたるのではないだろうか?

 恐ろしいことに、この天変地異により日本の人口が半分になってしまうというのだ!さらに外国からも侵略されるという。だが、予言では神のごときリーダーが現れて、日本の危機を救ってくれると記されてある。そして、やっと日本人は悔い改め正しき道に進むというのだ。
 しかし、平安の世になるまで何と100年もかかり、その間は気も狂わんばかりの苦しみを味わうことになるというのである。

 偶然にしても予言が現代社会とあまりにも一致していて、不気味である。だが『をのこ草子』は、後世に作られた偽書ではないかという見解もある。謎の予言書『をのこ草子』は、我々に向けられた警告書なのかもしれない。
---
引用元:日本の人口が半分に!? 江戸時代の予言書『をのこ草子』 記された驚愕の未来とは? - リアルライブ

関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://toniha.blog59.fc2.com/tb.php/33-71cb2d44

FX取引の注意
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。