大規模災害に共通するミロク(666)の数字「18」・・・数字に秘められた不思議な一致 - It's a New World

スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大規模災害に共通するミロク(666)の数字「18」・・・数字に秘められた不思議な一致

マヤの予言で世間に知られることになった、2012年12月の予言。
3月11日の大震災以降、人類の試練の時がついに始まったか・・・と考える人も多くなっているようだ。
その証拠に、ネットでも予言や地震予知に関する話題への書き込みが格段に増えてきている。

そんな中、面白い記事を見つけた。
読んでみれば分かるが、ここまで符合すると何かあるのでは?と思わざるを得ない。

人類の未来を予言する悪魔の数字!? 日本で最終決戦ハルマゲドン!?

関連記事
コメント
非公開コメント

素朴な質問があります

 初めまして。ネット上には松原さんに関する話題や、日月神示の話題がたくさんあります。松原さんは過去には良い事もいっぱい発言しているのに最近は「営利の傾向」が明確に出てきて残念です。彼女は過去に発明の特許も申請しているので、本来は理系や科学に向いている人だと思います。

さて質問が有ります。
日月神示を扱うサイトでは、「6が3桁=ミロク、西洋では偽キリストでも日本ではメシアの意味」と言ってます。黙示録を見ると、6が3桁の意味は「人間である」と断言してます。悪魔とも悪霊とも書いてない。
翻訳過程のミスとは思えない。一部の人たちは切符の№とかで6が3桁並ぶと「悪魔の数字だーー呪われるうーー」と反射的に嫌います。数字の意味は、人間の意味だったのに、この数字配列は悪魔の数字だという認識がはびこっているんです。本当はどうなんでしょ?。

日月神示や、別の人の予言(王仁三郎さんの予言)は一部しか見てないので、私には何とも言えないんです。

松原さんなら6が3桁=ミロク菩薩という解釈を、どう説明するのか知りたいです。6×3=18は石の組織では聖数のひとつだとか。救済のシンボルとされる観世音菩薩の縁日は毎月の18日。やっぱり何かあるんでしょう…。教えてくださーい。

2012-03-24 17:30 | from 乙渡渡

トラックバック

http://toniha.blog59.fc2.com/tb.php/12-fea579c6

FX取引の注意
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。